有限会社エーシーピー物流

産業廃棄物処理・粗大ゴミは静岡県静岡市 エーシーピーグループへ

粗大ゴミ、不用品回収のうっちゃるら

事業内容

産業廃棄物の処理・処分

HOME >  事業内容  > 産業廃棄物の処理・処分
  • 産業廃棄物 / 処理工程ご紹介

    産業廃棄物 / 処理工程ご紹介

    弊社では、回収・お持込いただいた廃棄物を最終処分先まで持っていく
    中間処理の工程を行っております。

    再利用法ごとにより適切な選別と処理を行い、環境に優しい産業社会に
    貢献するべく日々の業務に精進しております。

  • まずは廃棄物の搬入をいたします。

    まずは廃棄物の搬入をいたします。

    まずは各指定の場所まで廃棄物を回収に伺い、弊社中間処理場に搬入いたします。
    自社計量器(30トンスケール)にて計量も可能です。

  • 中間処理施設にて分類する(有限会社エーシーピー物流)

    有限会社エーシーピー物流にて、集められた産業廃棄物を手で選別し、破砕機・圧縮機にかけます。

  • ◇産業廃棄物処理の一連の処理工程(PDF)

    AdobeReaderのダウンロード

    書類名をクリックするとPDFファイルをダウンロードします。
    PDFファイルの閲覧には「Adobe Reader」が必要です。
    「Adobe Reader」は左記の画像リンク先から無料でダウンロードが可能です。

中間処理について

※中間処理とは各施設・設備を使用し、廃棄物の減量化(減容化)を行い、再資源化を目的とする処理方法です。
  • 破砕処理 ≪新居浜鐵工所製 二軸せん断式≫

    破砕処理 ≪新居浜鐵工所製 二軸せん断式≫

    ●廃プラスチック類 (3.14t/日)
    ●紙くず      (12.56t/日)
    ●木くず      (12.56t/日)
    ●動植物性残渣   (9.76t/日)
    ●金属くず     (3.62t/日)
    ●ガラスくず・コンクリート及び陶磁器くず(12.41t/日)
    ●がれき類     (18.47t/日)

  • 破砕処理後の梱包処理 ≪昭和製 油圧プレス機≫

    破砕処理後の梱包処理 ≪昭和製 油圧プレス機≫

    破砕処分後の廃棄物を圧縮梱包し、運搬効率をあげています。
    処理能力 約3.6t/h(廃プラスチック類)

  • 圧縮処理 ≪タジリ製 熱圧縮減容成形機≫

    圧縮処理 ≪タジリ製 熱圧縮減容成形機≫

    ●廃プラスチック (4.4.t/日)
    ●紙くず     (4.4t/日)
    ●木くず     (4.4t/日)

  • 中間処理が終了しましたら、各リサイクル企業または契約処分先まで運搬いたします。

各産業廃棄物の主な再利用方法

廃プラスチック類 セメント会社などで重油代替、RPF原料、再生原料として再利用されます。
紙くず 古紙原料、RPF原料として再利用されます。
木くず 製紙原料、燃料チップとして再利用されます。
金属くず 電炉メーカー等で再利用されます。
動植物性残渣 肥料、飼料として再利用されます。
がれき類 再生砕石として再利用されます。

主要取引処分先一覧

取引処分先名 所在地 処分方法
奈良総合リサイクルセンター㈱ 奈良県 破砕、減容固化(RPF燃料製造)
㈱静岡チップ工業 静岡市 木くずチップ製造
㈱トクヤマ徳山製造所 山口県 セメント製造時の補助燃料として使用
㈱ミダックふじの宮 富士宮市 焼却施設

業務のご案内