有限会社エーシーピー物流

産業廃棄物・一般廃棄物・収集運搬処分業

〒424-0002 静岡県静岡市清水区山原831-7

tel.054-364-3238

一般廃棄物についてはこちら

粗大ごみ・不良品回収のうっちゃるら

インフォメーション

お知らせ

解体工事における残置物の扱いについて

このほど、建築物の解体時等における残置物の取扱いについて、環境省より徹底をするように再度周知がまいりましたので報告いたします。その要点は以下の通りとなっています。

 

1.残置物の相談が行政にあった場合は一般廃棄物として扱いうことを指示すること

都道府県及び市町村が、 一般廃棄物に該当する残置物の処理について関係者から相談等を受けた場合には、「当該市町村における一般廃棄物処理計画に沿った処理方法を示す」という対応をとること

2.所有者不明の残置物については行政からの委託によって対応する事

一般廃棄物に該当する残置物のうち、 夜逃げ等によって所有者が所在不明となった残置物の対応として、 必要に応じて 「市町村が適切な処理業者に対して残置物の処理を委託する」などの方法をとることとされたこと。

3.残置物処理を産業廃棄物処理業者に委託する場合は特例であることを明確にする事

一般廃棄物に該当する残置物の処理を産業廃棄物処理業者に委託する場合には、「産業廃棄物処理施設の設置者に係る一般廃棄物処理施設の設置についての特例を活用することが可能」(廃棄物処理法第15条の2の5) であることが明記されたこと。

4.上記実施にあたり書類の扱いを徹底する事

上記3の特例を活用するためには廃棄物処理法施行規則に基づき、 市町村からの委託を証する書類を都道府県に提出する必要があること。

 

当社では、保有しております一般廃棄物許可を用い、適正処理を進めております。

同様の事案についてご不明点ありましたら、是非当社までお声がけください。

 

 

解体残地1 解体残地2

蛍光灯・乾電池等の回収・処分について

事業者から排出された蛍光灯、乾電池等は産業廃棄物として処理されます。

当社では、双方とも処理委託を受けることが可能ですので、排出される際はお申し付けください。

 

■蛍光灯

蛍光灯は2017年の廃棄物処理業法の変更に伴い、水銀含有製品として扱われるようになりました。

(蛍光灯の中には水銀が含まれているため、処理~リサイクルが困難であるためです。)

運搬や処理を行う際に、今までとは異なる手立てが必要となるため、

排出される際はお声かけいただけますようお願い申し上げます。

 

■乾電池

乾電池はあらゆる製品に設置された状態で搬入される場合がありますが、それはお控えください。

場合によっては、漏電を起こし、火災につながる危険性があります。

廃棄される際は、使用済み乾電池を別途分けて廃棄いただきますようお願い申し上げます。

 

乾電池 蛍光灯

 

当社では、水銀含有廃棄物に関する収集運搬(積替保管)の許可を保有しております。

コンプライアンスに則り、処理しますので、安心してお申し付けください。

 

運搬許可証 積替保管

機密文書の回収・処分について

当社では、機密文書の回収処分を行っております。

通常の古紙の処分とは異なり、回収~運搬~処理までを管理された方法にて行うことで、 機密情報漏洩の心配なく処分することができます。

お客様のご要望により、破棄証明を発行することも可能です。

 

溶解処理証明証 機密文書の管理

;